ハラールの基礎知識

ハラールとハラームとは

 ハラール(ハラルとも言います)とは、イスラム法で許された事柄を指し、日本語に訳すと「合法である」、「許可された」という意味になります。また、逆に禁止されている事柄をハラーム(ハラムとも言います)と言い、ハラールともハラームとも言い難いもの、疑わしいものはシュブハと言われ、これも避けるべきものとされています。
 イスラム法では、信仰と生活を区別することなく、人間の営みすべてに関わるルールについて定められており、食事はもちろん、結婚や身だしなみ、金融など、あらゆることに適用されています。

[ハラールのコンセプト]

 イスラムでは、自分の身体に入るものを選ぶ際に、気を付けるべき重要な要素が三つあります。
1.アッラーが禁止したものでないこと
2.ハラールな方法で入手したものであること
 (盗んだものや騙して手に入れたものでないこと)
3.健康に害のないもの

[食事以外でハラームなもの]

□賭事
□婚前交渉
□利息を有するお金の貸し借り…etc

ハラーム 賭事・盗む

ハラール認証とは

 イスラム教が禁ずる豚肉やアルコールなどを含まない安全な食品などの規格を定め、原材料、製造工程、製造品質を審査することで、それに適合している製品を認証し、その証し(ハラールロゴ)を表示することを許諾することです。
 例えば、レストランの場合、豚肉やアルコールなどハラームなものが料理に使われていないか、また、食肉はハラールな屠畜をされたものかどうか、などを明らかにする必要があります。
また、加工食品や化粧品に関しても、原材料がハラールかどうかを示すものです。近年では、物流の過程で誤ってハラームなものが混入しないように管理された、ハラールロジスティクスという概念で、物流にもハラール認証が与えられています。
 ハラール認証には国際基準がなく、各国にそれぞれの基準が設けられています。
また、イスラム教の宗派や消費者の考え方の違いから、各国のハラール認証に対する見解も異なっています。
ハラールロゴ

ハラール市場の現状

2030年には1,000兆円市場に!

 人口は約 16 億人( イスラム教徒) で世界の 23%。消費市場は全体で 3.1 兆ドル(300 兆円)、うち食品は 5,800 億ドル(57 兆円)、飲食店のサービスは 1 兆ドル(97 兆円)、医薬品・化粧品・日用品は 1.52 兆ドル (150 兆円)に達します。
 食品市場は 2010 年では 6,420 億ドル(626 兆円)で、地域ではアジアが 406億ドル(4 兆円)、EUは 67 億ドル(6,500 億円)、国ではインドネシアが 79 億ドル(7,700 億円 )、非イスラム国ですが、イスラム教徒(ムスリム)も数多く居住するインド、中国、ロシアも大きな市場となっています。
また、人口増加と経済成長にともない、ハラール市場は2030年には1,000兆円規模に膨らむと予想されています。
ハラール認証を取得している日本企業と製品
 クリックで拡大

マレーシアは、17億人の商圏に通じる「アジアのハブ」

特典や入会方法など

無料メルマガ会員募集
当協会発行のムスリムフレンドリー管理者証について
ムスリムフレンドリー認定店について
当協会運営サイト Halal-Guide JAPAN Halal-Guide JAPAN
ムスリムアンバサダー募集
ムスリムご意見箱
イスラム最新情報
ハラール動画ニュース NEWS
外部リンク IBPC OSAKA An Indonesian Exclusive Gateway to Japan 公益財団法人 大阪観光局 musubime プライベートサロン guri. african relaxation kollere
ASEAN経済共同体発足! 域内総生産300兆円
イスラム圏データ

copyright(c)2017 Japan Muslim-Friendly Association.