国内最大のハラール食堂登場 立命館アジア太平洋大、イスラム教圏の留学生に対応 

大分県別府市の立命館アジア太平洋大(APU)構内にある学生食堂が、イスラム教の戒律に従った「ハラール」対応の認証を受けた。食堂はイスラム教圏からの留学生をはじめ1日約3000人が利用。認証機関のNPO法人「日本アジアハラール協会」によると、ハラール認証の飲食施設として国内最大規模という。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。