JRO、KLで日本食のシンポジウム開催

日本食レストラン海外普及推進機構(JRO)は27日、マレーシアのクアラルンプール(KL)で東南アジアでの日本食普及とハラル(イスラム教の戒律で許されたもの)対応に関するシンポジウムを開催した。
シンポジウムには、吉野家ホールディングスの安部修仁会長のほか、トリドールの粟田貴也社長、味の素マレーシアの金子圭司社長、地場マレー料理レストランチェーン「マダム・クアン」のルーディ・フー社長が登壇した…

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。