ハラル対応、販路広がる 伊賀の老舗、認証しょうゆ商品化

 五月の主要国首脳会議(伊勢志摩サミット)を控え、三重県でもイスラム教徒(ムスリム)の外国人旅行者の増加が見込まれている。豚肉や酒由来の食品を忌避するムスリムにとって、来日後の食事は不安の一つ。県内企業では「ハラル」と呼ぶムスリムの行動規範をもとに調味料を製造したり、セミナーを開くなどの動きも目立ってきた…

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。