マレーシアのハラル産業への投資額、昨年は106億リンギ

マレーシアのハラル(イスラムの戒律に則った)産業に昨年寄せられた投資額が、106億リンギ(約2,900億円)となった。うち56億リンギ(約1,500億円)が外国投資、50億リンギ(約1,400億円)が国内投資だった。
アハマド・ザヒド・ハミディ副首相によると、外国投資は米国や日本、イタリア、アラブ首長国連邦(UAE)、台湾、英国、シンガポールからの投資で、マレーシアのハラル製品には世界中から強い関心が寄せられている…

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。