商談と文化交流のため、インドネシア(ジャカルタ)を訪問しました

理事の中條美佳です。
商談と文化交流のため、2月14日~16日の日程でインドネシアはジャカルタを訪問してまいりました。
その内容を3回に分けて報告させていただこうと思います。

第3回

 今回のジャカルタ訪問では、旅行会社の方ともお会いしてまいりました。
現地ではそれなりの規模の旅行会社ですが、意外と日本の情報を持っていないことが分かりました。
 もちろんインドネシアでも、旅行先として日本はとても関心の高い国です。今回、ムスリムの方が安心して旅を楽しめるように・・・といった内容のお話をさせていただいたところ、とても興味を示して下さいました。

 すでにマレーシアの旅行代理店との間で進めている、日本へのハラール・パッケージ旅行のような企画がインドネシアでも展開できそうです。
ご興味のある日本の旅行代理店様は、当協会までお問い合わせ下さい。

第2回

“インドネシア訪問02-a” インドネシア訪問02-b インドネシア訪問02-c

  政府が経営するデパート「SMESCO」にて、ジルバブ(ヒジャブ)の商談をしてまいりました。
このデパートは、インドネシア各地のバティックやジルバブ、ファッションアイテム、特産品が地域・民族ごとのショップになっています。
地域によってバティックやジルバブの色柄も全く違い、それぞれとても特徴的で素敵でした。
お店の女性店員さんにも色々お話をうかがいましたが、年ごとや地域による流行もあるそうです。
 ジャカルタから立ち寄った、マレーシアのクアラルンプールではUNIQLOもチェック。こちらでもヒジャブが売られていて、特に若者に人気だそうです。
インドネシアとマレーシアでは好まれるものが違いますが、「Made in Japan」品質には様々なジャンルで関心を持っていただけると感じました。

第1回

“インドネシア訪問01-a” インドネシア訪問01-b インドネシア訪問01-b

 まずは、文化交流のためにもムスリムの友人の結婚式に出席させていただきました。
その内容を報告させていただきます。

 早朝より親族で式が行われ、その際に誓いの言葉を述べ、誓約書を交換します。パスポートのような誓約書には、数々の決まりごとが記されています。
 1時間ほどの式の最後には、両家のご両親にムスリム式のご挨拶をしていくのですが、その光景がとても素敵でした。

 その後はお祝いのパーティーが夕方まで開催されます。
途切れることなく料理が振る舞われ(もちろん、お酒は出ません)、歌あり、踊りありのとても賑やかなパーティーです。
そして、お祝いに駆けつける人が続々と現れます。好きなときに来て、好きなように食べ、好きなときに帰るというスタイルのようです。
 私は日本式にお祝いを包ませていただきましたが、こちらでは受付に募金箱のようなものがあり、そこにお金(日本円で500円程度)を入れるようです。
地域(民族)により違いはあるようですが、今回のミナン民族の結婚式はとてもフレンドリーで温かさを感じました。
本当に素敵な経験をさせていただき、感謝しております。

特典や入会方法など

無料メルマガ会員募集
当協会発行のムスリムフレンドリー管理者証について
ムスリムフレンドリー認定店について
当協会運営サイト Halal-Guide JAPAN Halal-Guide JAPAN
ムスリムアンバサダー募集
ムスリムご意見箱
イスラム最新情報
ハラール動画ニュース NEWS
外部リンク IBPC OSAKA An Indonesian Exclusive Gateway to Japan 公益財団法人 大阪観光局 プライベートサロン guri. african relaxation kollere
ASEAN経済共同体発足! 域内総生産300兆円
イスラム圏データ

copyright(c)2017 Japan Muslim-Friendly Association.