インドネシア・パダンでのイベントに参加してきました

 理事の中條です。8月26日に羽田を出発し、インドネシア・西スマトラ州のパダンに行って来ました。
今回は、現地の観光省と日本の文化チーム「Project愛」が共同で開催するイベントでのプロモーションがメインでした。

第3回

インドネシア・パダン-3a インドネシア・パダン-3b

 今回のラストスケジュールは、現地観光省の方々や次期教育省トップに就任されるブルさんとの食事会でした。西スマトラ州では、高校から日本語の授業があるそうです。
また、西スマトラ州は今後、ハラル観光の拠点として開発を進めていくそうです。お話を伺いながら、ここにも日本にとってのビジネスチャンスがある、と感じました。終始和やかな雰囲気のなか、ブルさんの就任のお祝いもご一緒させていただけ、とても有意義な時間を過ごせでました。

第2回

インドネシア・パダン-2a インドネシア・パダン-2b インドネシア・パダン-2c

 2日間のイベント開催中も、礼拝の時間には全プログラムが休憩となりますので、礼拝の様子を初めて見学させていただきました。
ウドゥー(礼拝の前に手などを洗い清めること)の後、女性は礼拝着に着替え、各自礼拝用のマットを敷いてお祈りをします。男女とも同じ部屋でお祈りをしていましたが、男性は前、女性は部屋の後ろの方に集まり、お祈りの方法も違うようです。

パダンでは、街中のあちこちで礼拝用の部屋を見かけました。パダンに限らず、インドネシアはさすがにムスリムが大多数を占める国とあって、空港をはじめ公共施設のお手洗いの近くなど、目につきやすいあらゆる所にウドゥーと礼拝の部屋が用意されています。
訪日したムスリムの方々が安心して過ごすことができるように、日本にも礼拝できる場所が増えるように働きかけることが大切だと感じました。

第1回

インドネシア・パダン-1a インドネシア・パダン-1b インドネシア・パダン-1c

  イベントでは、当協会のPRに加え、協会会員様が販売するメイド イン ジャパンのヒジャブを展示させていただきました。
当協会のフライヤーに掲載した「ムスリム アンバサダー」に関して、「どうやって応募するのか?」、「日本に行けるのか?」等々のご質問が多々寄せられ、日本に憧れ、とにかく日本に行きたい! という方がとても多く参加されていました。

また、ヒジャブ(こちらではジルバブと言う方が多いです)も数多くの方が手に取られ、購入を希望されるお声も沢山いただききました。
やはり、オール「メイド イン ジャパン」であり、見るからに日本らしい和柄デザインが人気で、初めてのプロモーションは大成功。今後の展開がとても楽しみです。

特典や入会方法など

無料メルマガ会員募集
当協会発行のムスリムフレンドリー管理者証について
ムスリムフレンドリー認定店について
当協会運営サイト Halal-Guide JAPAN Halal-Guide JAPAN
ムスリムアンバサダー募集
ムスリムご意見箱
イスラム最新情報
ハラール動画ニュース NEWS
外部リンク IBPC OSAKA An Indonesian Exclusive Gateway to Japan 公益財団法人 大阪観光局 プライベートサロン guri. african relaxation kollere
ASEAN経済共同体発足! 域内総生産300兆円
イスラム圏データ

copyright(c)2017 Japan Muslim-Friendly Association.