世界人口の4分の1に迫るイスラム教徒(ムスリム)は、県内への観光客数も増加傾向にある。地理的特性を生かした観光立県と県産品の海外販路拡大を目指す沖縄にとって、ムスリム市場の重要性は年々増しており、イスラム教の戒律「ハラール」を理解することがその鍵を握る。熱を帯びてきた県内の取り組みを紹介する…