日本アジアハラール協会によると、立命館アジア太平洋大学のカフェテリアが「ハラル認証」を獲得し、ハラル認証食を提供する国内で最大の施設となったという。

毎日、イスラム教の国出身の学生を含め、約3,000人が、大分県別府市にあるこのカフェテリアで食事をする。

イスラム法では、イスラム教徒は豚を食べることと飲酒が禁止されている。豚やアルコールに触れた調理器具で調理された食事も、たとえ豚もアルコールも含んでいないとしても、食べることが許されていない。