動物やアルコールを原料にしてはいけないなど厳しい戒律を持つムスリム(イスラム教徒)向けの「ハラル化粧品」の開発が県内で加速している。国内市場はまだ発展途上だが、東京五輪・パラリンピックなどを控え、県保健医療部薬務課は「成長が見込まれる市場へのいち早い参入を支援したい」と話している…