北陸3県初
 富山大に通うイスラム教徒の留学生らでつくる「富山ムスリムセンター(TMC)」が二十三日、イスラム教の戒律に沿った食べ物「ハラールフード」か、どうかを調べ、合格した日本の食品にロゴシールの使用を認める事業を始めた。同じような試みは全国で増えているが、北陸三県で初めてという。サリム・マゼン代表理事(41)は「地元で暮らすムスリム(イスラム教徒)や観光客が安心して過ごせる地域にしたい」とアピールしている…