生活習慣の違うイスラム教徒(ムスリム)たちが安心して過ごせる街にと、東京都台東区が宗教上の戒律に沿って調理されたメニューを提供する飲食店の支援に乗り出した。都内最古の寺院・浅草寺のお膝元から異なる宗教や文化への寛容の精神をアピールし、多彩な観光客の呼び込みにつなげていく。
 浅草駅近くの「オーガニックごはん かえもん浅草本店」。昨年十一月、豚肉などムスリムが口にできない食材は一切、使われていないことを証明する「ハラル認証」を、民間機関の「ジャパン・ハラール・ファンデーション」(台東区)から取得した。審査費用は二十万円。台東区が十万円を助成した…