香料業界で国内2位の長谷川香料がアジア事業を強化している。中でも熱視線を送るのがマレーシアだ。イスラム教の戒律「ハラル」への対応を進め、市場開拓を急ぐ。経済成長に伴って消費者の好みも多様化するとされる香料。マレーシアでの成否は長谷川香料の将来を占う試金石となる。
 マレーシアのザヒド副首相は5月末からの訪日に合わせ、日本企業5社の幹部と会談した。マレーシアへの投資を予定している大手自動車メーカーや…