東南アジアを中心にイスラム教徒(ムスリム)の訪日観光客が増え、兵庫県内の飲食店や食品メーカーが対応に乗り出している。礼拝室を設けた居酒屋が登場する一方、戒律に沿った「ハラル認証」を取得する食品の開発も相次ぎ、経済成長の著しいムスリム市場への輸出拡大を狙う動きも出ている…