(賛助会員)
第1条 賛助会員とは、協会の目的に賛同し、協会の事業に協力しようとする者をいう。
(入退会)
第2条 
1. 賛助会員として入会しようとする者は、理事会の承認を得なければならない。
2. 賛助会員が退会する場合は、協会に退会届を提出するものとする。
(除名等)
第3条 
1. 賛助会員の行為が協会の名誉を汚すものと認められる場合は、理事会の審議を経て、当該賛助会員を除名又は一定の期間資格停止することができる。
2. 前項の規定により除名等をする場合は、当該会員にあらかじめ通知するとともに、除名等の審議を行う理事会において、当該会員に弁明の機会を与えなければならない。
3. 協会は、賛助会員が、正当な理由がなく支払い期限までに賛助会費を納入しない場合 は、賛助会員の資格を停止することができる。
(賛助会費等)
第4条 賛助会員は、1口100,000円(1年間)の賛助会費を毎年度当協会の請求により納入するものとする。
 ただし、賛助会員の会計処理上の事由により、半期または四半期に分割して支払いたい旨 の要請があり、理事会がやむを得ないと認めた場合には、当協会からの請求により分割して納入することができる。
(賛助会費の返還)
第5条 賛助会員が退会した場合は、すでに納入した賛助会費は返還しないものとする。ただし、年度途中で退会した場合であって、理事会が認めた場合は退会後の期間に係る賛助会費を返還することができる。
(その他)
第6条 本規程に定めるもののほか必要な事項は、理事会が別に定める。
第7条 この規程の改廃は、理事会の議決を得て、行うものとする。